駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 駐車場経営よくある疑問集 » 駐車場経営のリスク編

駐車場経営のリスク編

ここでは駐車場経営を始めてから発生する可能性のあるリスクについてQ&A形式で解説しています。

駐車場経営のリスクについてよくある疑問集

何をやるにしても事業や商売にはリスクがつきものです。駐車場経営にはどんなリスクが考えられるのか、対処はどうするのかなど気になる疑問点と答えをまとめました。

Q コインパーキングのトラブル事例にはどんなものがありますか?

A コインパーキングの経営で想定されるトラブルとしては、駐車場内の事故や駐車場機器の故障などが考えられます。とはいえ借り上げ形式の場合はトラブル対処は管理会社で行いますし、自主経営の場合も専門会社に運営管理を委託していれば緊急時のトラブル対応までカバーしてもらえます。

Q トラブルが発生した際の対応や責任はどうなりますか?

A ほとんどの管理会社では駐車場内でのトラブル発生に備え、24時間のサポート体制、緊急出動体制をとっています。ただし、会社によって対応レベルに差がありますから気になる場合は契約時にどのような体制が組まれているか確認しておくことをおすすめします。

Q 駐車場内での事故やトラブルの際、保険は適用されますか?

A 管理会社の方でトラブル防止のノウハウを活かした対策がされますが、万が一の事故や精算機の盗難などがあった時に備えてコインパーキング用の保険に加入することが可能です。

Q 解約がスムーズに進まずトラブルにならないですか?

A 一括借上げの契約は一時使用賃貸借契約の締結が基本となっていますから、営業権・借地権、地上権等の権利が発生しません。アパートのように引き渡しトラブルのようなことが発生する心配がありません。

Q 月極からコインパーキングに移行する際、現在の利用者との交渉、契約はどうすればいいのですか?

A コインパーキングの運営・管理会社が、解約通知書の送付から、事情の説明、承諾のとりつけにいたるまで、月極契約者に対して必要な手続をすべて代行してくれるのでトラブルもなく土地オーナーに手間がかかることはありません。

Q 土地は何坪から経営が可能ですか?

A 一般的に、コインパーキングの場合は2台駐車可能の広さがあれば経営ができるとされています。そして駐車できるスペースにプラス、精算機や看板などの設置スペースも確保しなければなりません。それら全てを含めると30㎡以上の広さがあれば十分ではないかと思われます。ちなみに、30㎡とは約9坪の広さとなります。

Q 駐車場経営の初期費用はいくら必要ですか?

A 駐車台数や広さによって初期費用というものは当然のように変わってきます。ちなみに、自主運営する場合、5~10台規模の駐車場で300万円前後の初期費用が一般的な金額となります。若干高いと思われるかもしれませんが、この金額の中に機械購入代も含んできますので、その点も考慮すれば比較的安い金額で駐車場経営ができるのではないしょうか。ちなみに、オーナーの土地を一括借り上げをしてもらい、運営を別の会社に任せる場合の初期費用は一切かかりません。しかし、土地の舗装や歩道の切り上げ工事を行う際の費用はオーナー側の費用持ちとなります。

Q 駐車場に適している場所はどんなところですか?

A 駐車場経営で利益を出したいとなれば、当然のように駐車場を利用してくれるお客様がいなければお話にもなりません。ですので、駅前や商業施設といった人の出入りが激しい場所だと多くの駐車場利用客も見込めてくるのではないかと思われます。住宅街でも近くに駐車場が少ないマンションやアパートが多い場合はコインパーキングの需要も多いのではないでしょうか。こればかりは素人との判断では難しいと思いますので、近くの不動産業者や運営管理会社に相談してみるのも一つの手であります。

Q オープンまでどれぐらいの期間が必要ですか?

A これに関しても駐車台数や広さによって多少前後はしてくるでしょう。例えば10台未満のスペースであれば、敷地の整地や舗装、機械の設置などで2~3日もあれば十分かと考えられます。ただ、電気関連の引き込みや申請期間なども考慮すれば約1カ月、早くても3週間は見ておいた方がいいかと思われます。

Q 家を建てる予定があるのですが、駐車場経営も可能ですか?

A 答えから言いますと、駐車場経営はできます。一括借り上げをする場合は「一時使用賃貸借契約」を結ぶケースがほとんどですので、短期間であっても駐車場経営をすることは可能になってくるのです。契約終了後は管理会社の費用負担で、しかも更地の状態で土地が返ってきますので心配する必要もありません。

Q 駐車場経営の経験がなくても経営は可能ですか?

A これに関しても何の問題もないといえるでしょう。一括借り上げの場合、運営管理会社が機械の設置から駐車場のメンテナンス、お客様とのトラブル対応など全てにおいて管理業務を担ってくれますので、オーナー側は特に手間がかかることもなく収入を得ることができるかと思います。自主運営の場合であっても、駐車場の運営と管理のみ委託できる会社も存在してきますので、様々なサポートが受けられるといった点では安心だといえるでしょう。

Q コインパーキングの契約期間はどれぐらいですか?

A 一般的に、最初の契約は2年に設定している業者が多いように思われます。そこからの更新は1年単位というのが通例ではないでしょうか。場合によっては短い期間で契約してくれたり、逆に長い期間契約してくれたりと、業者によって契約期間に誤差が生じる場合もあります。

Q 月極駐車場の空きスペースをコインパーキングにするのは可能ですか?

A 答えから言いますと何も問題もありません。実際に月極駐車場とコインパーキングの併用で経営している人もかなりの数として存在しております。もし月極駐車場とコインパーキングの併用を考えているのであれば、利用者がわかりやすく、使い勝手のいいレイアウトで工事をしてくれる業者を探さなければならないでしょう。

Q 機械の故障が起きた場合の対処はどうすればいいのでしょうか?

A コインパーキング専門業者の中には、24時間365日体制でコールセンターを設置している業者があります。全ての業者が24時間365日体制とはいきませんが、もしこういったトラブルの対処に不安を感じるのであればこのような業者に委託するのがベストかと思われます。日常的な清掃や集金、お客様トラブルなど全ての管理運営をこのような業者に任せることで安心も得ることができます。ですので、実績が豊富で信頼できる業者をきちんと見極める必要が出てきます。

Q 請求された料金に対するクレームはどうすればいいですか?

A コインパーキングでのトラブルで一番多いのが料金に対するクレームではないでしょうか。その中でも、「1日最大〇〇円」と大きく表記されているにも関わらず、高額請求されたというトラブルが一番多いとされています。このクレームは、数日に渡って駐車していたケースがほとんどで、表示している看板自体の改善が必要ともされているのです。それと「平日」と「休日」での料金の違いのトラブルもあります。「1日最大〇〇円」の区切りが24時なので、それ以降は時間を刻んで料金を請求するという表示が比較的小さく記載されているというのもトラブルの一つとしてあったりもするのです。こればかりは実際に記載されていることなのでこちらには何の落ち度もないのですが、料金に関する表示が小さく記載されているとあれば、詐欺まがいの疑いを掛けられても無理はありません。ですので、「せこい商売している」と思われないためにも、料金や駐車時間に関する情報に関してはしっかりと大きく記載するのが料金トラブルの回避にもつながるのではないでしょうか。

Q 機械トラブルの対処はどうすればいいですか?

A コインパーキングの機械トラブルには、「精算機の故障」と「駐車システムの故障」の2つのケースが存在してきます。ちなみに、この両方のトラブルに関してはコールセンターを設置している業者であればすぐに対応することができます。24時間365日体制の業者であれば特に問題もなく解決することができるでしょう。そこで、駐車システムの故障によってお客様の車に破損が起きる場合も少なからず存在してきます。「フラップが正しく動作せずにバンパーが破損した」、「駐車場のメンテナンス不足が原因で、破損していたブロック塀の落下やコンクリートの穴に車輪が引っかかった」など、業者側に管理責任がある場合は警察の介入もあるかもしれません。そういった管理責任がある場合は、全て業者側が責任を持って対応をしてくれることになります。

Q 不正使用された場合はどうすればいいですか?

A コインパーキングにおいての不正使用は様々なケースが考えられます。「フラップを無理やり乗り越えた」、「ゲートバーを突き破って出庫した」、というのが最も多い不正使用となるでしょう。そもそもコインパーキングというのは無人であるため、長期に渡って車を停める不正駐車や、ごみの不法投棄といったことも多く見受けられるのです。これらの対処法には、防犯カメラを設置し不正を働いた車を突き止めて料金を支払ってもらう、事前に防犯カメラの存在をアピールすることによる不正の軽減、といった対応をするしか今のところは方法がないようにも思えます。それでも不正が収まらないとなれば警察に介入してもらうしか方法はないでしょう。

Q お客様同士の接触事故はどうすればいいですか?

A お客様同士のトラブルで一番多いのは接触事故となります。こればかりはお客様同士で解決してもらうしか方法はありません。警察や保険会社に対応してもらい、お客様同士で対処してもらうようにしましょう。そのためには「お客様同士のトラブルなどの責任は一切負いかねます」といった注意書きだけは確実に記載しておかなければなりません。

以上のように、コインパーキングで利用から精算までほぼ機械化されていても、トラブルや事故が発生する可能性はあります。

機器のメンテナンスも含めて、個人ですべてを管理するのには限界があります。自主管理の場合は、管理委託料が発生したとしても、専門業者にお願いした方が安全です。

駐車場経営成功のカギ!?
↓↓↓パートナー会社の比較はこちら↓↓↓

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社
タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
アップルパーク

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで
埼玉県越谷市地域密着の実績ある

収入例 10台駐車スペースで各3.3万円の賃料で月33万円の収入
経営形態 ・土地を貸し定額賃料を受ける

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.