TOP » 駐車場経営するには入門講座 » 駐車場の運営費用

駐車場の運営費用

ここでは駐車場を維持・管理していくためにかかる運営費用について解説しています。

経営スタイルよって異なる駐車場の運営費用

駐車場経営のスタイルにより異なりますが、集金や清掃、機械のメンテナンス、電気料金などいわゆる管理費が月々発生することになります。

コインパーキングの経営には自主管理と一括借上げがありますが、オーナーがどこまでを管理するかによって負担額も変わります。

完全自主管理

駐車場の清掃や機械のメンテナンス、トラブルやクレーム対応なども含めすべての管理業務を自分で行うスタイルです。ランニングコストとしては電気代、レシート代、メンテナンス代など毎月5,000~20,000円程度はかかります。

目に見えるかたちの費用は少なくて済みますが、宣伝や集客なども含め自らが動く手間などを考えると、個人ですべて行うのはあまり現実的ではありません。

自主管理(管理委託)

駐車場の運営主体は自分にありますが、面倒な管理業務はすべて委託業者にお願いするスタイルです。管理料が発生しますがオーナーは清掃や機械の点検・修理などの業務から開放されます。

一般的な委託管理料は賃料収入の5%~10%ほどかかると考えておきましょう。管理料は売上に連動するので毎月変動します。また機械や設備が破損した場合は補修費用も発生します。

一括借上げ

コインパーキングで最も多いスタイルが一括借上げ方式です。オーナーの所有している土地を借り上げて委託業者が駐車場の運営を行い、オーナーには毎月固定の賃料が支払われます。
オーナーにとっては駐車場の売上に関わらず安定収入が得られるメリットがありますが、業者がリスクを取る分、支払われる賃料は低く抑えられます。オーナーは運営維持費はあまり意識しないかもしれませんが、実際の収入に対して15%~20%程度かかっていると考えてよいでしょう。

管理委託をする場合の注意点

オーナーにとって面倒な管理業務を請負ってくれる管理委託はありがたいのですが、注意しなければならない点もあります。

管理委託料は低額な方がうれしいですが、あまり安すぎる場合は管理の範囲をよく確認しないとかえって手間がかかってしまうこともあります。

特に駐車場のトラブル対応については要注意です。法的な対応などが必要になった場合に、直接オーナーが処理するようなことになると個人で行うのは難しくなります。

一括借上げの場合はその点はすべて任せられるので気になりませんが、自主管理を希望する場合は一定のリスクを負う覚悟で自らの責任で委託業者を選ぶことが重要です。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.