TOP » 駐車場経営で安定収入を得るならこの会社 » 三井のリパーク(三井不動産リアルティ)

三井のリパーク(三井不動産リアルティ)

ここでは三井のリパーク(三井不動産リアルティ)が提供する駐車場経営プランや収入事例などを紹介しています。

強力なバックアップ体制により21万台超を運営管理

三井のリパークは三井不動産リアルティが運営管理する駐車場のブランド名です。1994年に駐車場事業をスタートして全国展開。平成29年3月末現在で21万台超の運営管理実績を誇ります。

土地オーナーのニーズに合わせて時間貸し駐車場、施設型駐車場などさまざまな駐車場形態を用意していますが経営プランの基本は一括借上方式のため低リスクで運営管理の手間が発生しません。

三井のリパークの駐車場管理の強みはRism(Repark information system for manegement)と呼ばれる強力なバックアップ体制が構築されていることです。

駐車場の状況をオンラインでリアルタイムに収集してカーナビや携帯電話などに空き情報などを発信、また売上情報を分析して適正な料金設定や売上向上施策に反映します。

トラブル発生時にも24時間対応のコールセンターが対応しRismを通じて工事・運営スタッフに連携。常に機器状況も把握しているため故障や消耗品切れが起きるケースを減らします。

こうした先進のネットワークシステムが組めるのは三井不動産グループからのサポートがしっかりしているからと言えるでしょう。

三井のリパークの提供プランについて

時間貸し駐車場(一括借上げ)

オーナーの土地を三井のリパークが一括借上げして時間貸しのコインパーキングとして24時間運営するプランです。初期投資費用を抑えてリスクの少ない土地活用が可能になり、オーナーには毎月安定収入が入るようになります。

メリット

デメリット

施設型駐車場

事業所や商業施設向けの駐車場管理プランです。駐車場を外部に開放して収益化したり、平日の稼働率アップなど独自の手法を使って空車室の最適な有効活用方法を提案します。

三井のリパークの収入事例

月極駐車場の約半分をコインパーキングに転用

1台25,000円の月極駐車場(20台収容)を経営していましたが10台空きが出てしまい賃料収入が半減して250,000円/月に。そこで10台分のスペースを借り上げてもらって9台分のコインパーキングに変更しました。1台月額30,000円の契約だったので270,000円/月が追加となり以前より収入アップになりました。

相続した土地を有効活用

親の家を兄弟3人で相続することになりましたが、古いので取り壊す必要があり更地にすると管理が大変になります。そこで三井のリパークさんに一括借上してもらい10台の時間貸し駐車場にしました。賃料は30,000円/台なので毎月300,000円の駐車場収入を3人で分けることができるようになりました。

家の建てるまでの間だけ駐車場に

土地を購入し2年後に家を建てることが決まっていましたが、それまでは固定資産税がかかるばかり。三井のリパークさんに土地を一括借上げをしてもらい6台分の時間貸し駐車場にしたら毎月150,000円の安定収入が入ってくるようになりました。

三井のリパーク(三井不動産リアルティ)の基本情報
社名 三井不動産リアルティ株式会社
展開地域 東京・神奈川・埼玉・大阪・京都・兵庫・愛知・沖縄・北海道・宮城・広島・岡山・福岡
本社 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング
URL https://www.repark.jp/

駐車場経営成功のカギ!?
↓↓↓パートナー会社の比較はこちら↓↓↓

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.