安定収入も高効率投資も狙える、駐車場経営のはじめ方

HOME » ケース別 駐車場経営の収入事例集 » 狭小土地・遊休地をコインパーキングで有効活用!

狭小土地・遊休地をコインパーキングで有効活用!

ここでは、駐車場経営で収入をあげる成功例として、狭い土地や使わずに遊ばせていた土地をコインパーキングにした事例を紹介します。

地主を助けるコインパーキングの収入事例

コインパーキングの経営は、「まさかこんなスペースが・・・」とか「このままじゃ、しばらくは借り手がつかないかも」と思うような土地を生まれ変わらせることがあります。

コインパーキング経営は、それまでは悩みの種だった土地がきちんと収益を生み出すようになる可能性が大いにあるのです。もしかすると、あなたがお持ちの土地にも、あてはまっているかもしれません。

 

ケース1:狭小土地を4台分のコインパーキングへ

建物も建てられない狭い場所だったため、使用するのをあきらめていた土地を4台分のコインパーキングにしました。

現在の売上は、4台分で月に215,000円。経費を差し引いても100,000円以上の利益があります。機械代の償却が終れば、もっと収益が上るので楽しみにしています。

 

ケース2:一定期間をコインパーキングとして活用、収入確保

住宅のモデルルーム用に土地を貸していましたが、そのモデルルームが閉鎖されることになりました。跡地の次の借り手がなかなか見つからず、それまでの家賃80,000円がゼロになり、困っていました。

そこで、次の借り手が決まるまでの期間、コインパーキングを経営することにしたのですが、月に300,000円と、以前の収入を上回る安定収入を確保できるようになりました。

 

ケース3:わずか3台分でも、好立地なら収入◎

オフィスビルにある月極駐車場が空いていたので、有効活用としてコインパーキングにしました。たった3台分ですが、場所が商業地域のど真ん中のため、月の売上は600,000円にのぼっています。

月極めでなかなか決まらなかった場所が、大幅に収入が増えて、喜んでいます。