TOP » ケース別 駐車場経営の収入事例集 » ケース3:狭小地・遊休地

ケース3:狭小地・遊休地

ここでは、駐車場経営で収入をあげる成功例として、狭い土地や使わずに遊ばせていた土地をコインパーキングにした事例を紹介します。

地主を助けるコインパーキングの収入事例

コインパーキングの経営は、「まさかこんなスペースが・・・」とか「このままじゃ、しばらくは借り手がつかないかも」と思うような土地を生まれ変わらせることがあります。

コインパーキング経営は、それまでは悩みの種だった土地がきちんと収益を生み出すようになる可能性が大いにあるのです。もしかすると、あなたがお持ちの土地にも、あてはまっているかもしれません。

ケース1:狭小土地を4台分のコインパーキングへ

建物も建てられない狭い場所だったため、使用するのをあきらめていた土地を4台分のコインパーキングにしました。

現在の売上は、4台分で月215,000円。経費を差し引いても月100,000円以上の利益があります。機械代の償却が終われば、もっと収益が上がるので楽しみにしています。

before:
0円(固定資産税が課税されるため、実質マイナス)

after:
コインパーキング売上:月21万5,000円(4台)
-運営経費(機械代の償却も含む)
-------------------------------------------
差引収入合計:月10万円以上

ケース2:一定期間をコインパーキングとして活用、収入確保

住宅のモデルルーム用に土地を貸していましたが、そのモデルルームが閉鎖されることになりました。跡地の次の借り手がなかなか見つからず、それまでの家賃80,000円がゼロになり、困っていました。

そこで、次の借り手が決まるまでの期間、コインパーキングを経営することにしたのですが、月300,000円と、以前の収入を上回る安定収入を確保できるようになりました。

before:
家賃:80,000円→0円

after:
コインパーキング収入:月30万円

ケース3:わずか3台分でも、好立地なら収入◎

オフィスビルにある月極駐車場が空いていたので、有効活用としてコインパーキングにしました。たった3台分ですが、場所が商業地域のど真ん中のため、売上は月600,000円にのぼっています

月極めでなかなか決まらなかった場所が、大幅に収入が増えて、喜んでいます。

before:
月極駐車場+空き分0円

after:
月極駐車場+コインパーキング売上:月60万円

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.