安定収入も高効率投資も狙える、駐車場経営のはじめ方

HOME » ケース別 駐車場経営の収入事例集 » その他の収入事例

その他の収入事例

ここでは、土地を購入したり、土地を借りて駐車場経営をした場合の成功例を紹介しています。

土地を購入、賃貸する場合でも、理想的な収支が可能。

駐車場経営は、「既に土地を所有していないと、収入があがっても、投資効率がよくないのでは」と思われがちです。確かに、土地を持っているに越したことはありません。

しかし、土地を購入したり、借りたりする形でも、駐車場経営に適した環境の土地を探して、的確に運営をすれば、高い収益をあげることができます。

 

土地を購入してのコインパーキング経営

(大阪府 T.Yさんのケース) 土地から購入をし9台分のコインパーキングを運営していらっしゃいます。初期投資は、土地購入代金と購入に伴う諸費用、駐車場のアスファルト舗装、機械設置工事費で約7,000万円。

現在の1ヶ月あたりの収支は、売上が約40万円で保守管理量に約3万円かかっているため、約37万円の利益となっています。利益率を計算すると、97%とかなりの高さです。

初期投資の回収という点でみても、6.3%の投資利回りで、投資回収期間が約15年10ヶ月となかなかの数字になります。

 

土地を借りてのコインパーキング経営

(大阪府 K・Sさんのケース) 駅前や商業地ではなく、郊外の住宅地で、土地を借りて駐車場経営に成功しているケースです。

5台分のコインパーキングを運営していて、1ヶ月の収支を見てきると、売上高はだいたい22万円。土地の賃料や管理費などに約8万7,000円がかかっていますが、利益は13万3,000円あります。利益率も約60%と、非常に魅力的な数字になっています。

もちろん初期投資として、コインパーキングの機械や看板、誘導灯などを設置するコストがかかりますが、投資利回りが64%と非常に高く、19ヶ月で回収できる予定です。