駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 駐車場経営で安定収入を得るならこの会社 » 駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営をサポートしてくれるパートナー会社はいくつもあります。今回は成功事例がしっかりとあり、オーナーからの信頼の厚い会社を厳選して紹介します。

駐車場経営で安定収入を得るならこのパートナー会社!

今回は、下の「見るべきポイント」を軸に、信頼できる会社を5社ピックアップしました。経営形態や成功事例、運用・管理・サポートの内容、オーナーさんの口コミをまとめましたので、パートナー会社選びの参考にしていただければと思います。

見るべきポイント

  • 経営形態に柔軟性があるかどうか
  • 実際に運用中の駐車場の収入事例
  • 運用・管理・サポート内容

タイムパーキング(アパルトマンイクシーズ)

タイムパーキングの看板

経営形態
  • 一括借り上げと自主管理(じぶんで駐車場経営)の両方に対応。
  • 一括借り上げは安定した固定収入が得られる。自主管理は地主が設備を購入し、駐車場の集金・管理・運営を委託。初期費用や管理費はかかるが、駐車料金はすべて収入になる。
運用・管理・サポート内容
  • 徹底した現地調査で適正をチェックし、プランを提案してくれる。
  • きれいで停めやすい駐車場をコンセプトに、企画・運営してくれる。
  • コールセンター、警備担当、保守担当が連携した24時間管理
  • 不動産全般のサポートができる(資産税対策など)。
成功事例
  • 商業地にあるわずか3台分のコインパーキングで60万円の収入。
  • 月極駐車場の空き5台分を使って投資利回り51%。
  • 土地購入から9台分を運営し、投資利回り103%。
  • 収入が無くなったモデルルーム跡地を20台のコインパーキングにして、
    月35万円の固定収入。
  • マンション敷地内駐車場の空き3台をコインパーキングに転用して月9万円の収入。
  • 会社所有の商業地の土地を一括借り上げでコインパーキングにして月75万円の安定収入。
オーナーの声
  • 最初は大手を選ぼうとしましたが、実際の現場の収支をオープンにしてくれるなど、信頼感をもてたので決めました。
  • ゴミや粗大ゴミの投棄禁止の告知など、細かい気配りをしてくれるので助かります。
  • 社員による駐車場の定期巡回が頼もしく、安心して経営できています。
  • トラブルが起きた時の対応が非常に早く、清掃などもきちんとやってもらえます。
  • コインパーキングの運営は初めてで不安でしたが担当者がしっかり指導してくれたおかげで満足しています。

アパルトマンイクシーズの公式サイトを見る

電話で駐車場経営について無料で相談する

ユアーズパーク(ユアーズ・コーポレーション)

経営形態

一括借り上げと自主管理(運営委託)の両方に対応。

一括借り上げは安定した固定収入が得られる。自主管理は地主が設備を購入し、駐車場の集金・管理・運営を委託。初期費用や管理費はかかるが、駐車料金はすべて収入になる。

運用・管理・サポート内容
  • 電話回線で24時間クレーム対応してくれる。
  • 集金時ごとにゴミの回収、清掃をしてくれる。
  • のぼり旗の設置やポスティング、周辺パーキングの料金調査などを実施してくれる。
成功事例
  • 放置していた狭小地を使って、月5万円の収入。
  • 駅近の月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増。
オーナーの声
  • 所有するマンションに来客用の駐車場をつくり、好評です。
  • 集金、釣銭の補充などを任せられるのでとても楽です。
  • 目につきやすい看板の設置法など、アドバイスが丁寧です。

ユアーズ・コーポレーションの公式サイトを見る

電話で駐車場経営について相談する

Times(パーク24)

Timesの看板

経営形態 地主は土地を貸し定額賃料を受ける。機械設備は会社が準備。一定の収入が得られる。
運用・管理・サポート内容
  • 機器設置や、駐車場開設後の集金
  • 保守・清掃・24時間緊急対応(コールセンター)などをグループ会社がサポート。
  • 立地・地形などの基本調査、周辺の駐車場ニーズなど様々な調査・分析をしてくれる。
成功事例
  • 個人から法人まで、幅広いオーナーに、全国規模で実績がある。
  • 全国で60万台以上のコインパーキングを運営している。
オーナーの声
  • 大手、有名ブランドの安心感を持って契約できました。
  • 一括借り上げで賃料を受けていますが、値下げ交渉があるという話を聞いたので心配です。

パーク24の公式サイトを見る

電話番号記載なし

NTTル・パルク

経営形態 コインパーキングの他に月極駐車場の管理・運営や自動販売機設置による土地活用も行なっています。
運用・管理・サポート内容
  • FeliCaでキャッシュレスにも対応。
  • ラップ式やゲート式といった一般的なコインパーキングだけでなくナンバー認識システムを使った最先端のロックレス式IT精算システムも導入可能。
成功事例
  • 使わなくなった駅近くの倉庫を取り壊して4台分のコインパーキングを開設。順調に売り上げを伸ばしている(収入は非公開)。
オーナーの声
  • 利用者からの問い合わせにも24時間コールセンターが対応してくれるほか、必要であれば作業員が駆けつけてくれるため、安心してお任せしています。
  • 駐車場だけでなく自動販売機の提案もしてくれ、スペースの有効利用ができました。

NTTル・パルクの公式サイトを見る

電話で駐車場経営について無料で相談する

アップルパーク

アップルパークの駐車場事例
引用元:アップルパーク公式HP(http://www.applepark.jp/?page_id=13)

経営形態 地主は土地を貸し定額賃料を受ける。機械設備は会社が準備。一定の収入は得られるが、稼働率が上がっても収入は増えない。
運用・管理・サポート内容
  • 24時間年中無休のコールセンターを完備。
  • 日々の清掃やトラブルや苦情の処理をしてくれる。
成功事例
  • 10台駐車スペースで各3.3万円の賃料で契約。
    月33万円の収入をあげる。
オーナーの声
  • 24時間営業の駐車場内は常に明るく、防犯の面でも安心です。
  • 手間をかけずに安定収入が得られ満足しています。

アップルパークの公式サイトを見る

電話で駐車場経営について無料で相談する

総評:これが駐車場経営の理想的なパートナーの条件

駐車場経営を成功させるためにはどのようなパートナー会社を選ぶかという点が非常に重要になります。

比較表を見てわかるように対応している経営形態が各社異なりますし、駐車場の運営を委託する場合も管理体制や対応スピードに違いがあるからです。もちろん契約内容によっては開設後の収入に差が出てきます。

パートナー会社を選ぶ際は以下の点に注目して自分がやりたい土地活用、駐車場経営が可能かどうか判断して決めるようにしてください。

1.投資効率のよさを考え、幅広い経営形態に対応してくれる会社

コインパーキングというと当たり前のように一括借り上げが推されていますが、自分で機械を購入して管理部分のみ委託する自主運営という経営形態もあります。

その場合、初期費用はかかるものの減価償却後は駐車料金がすべて自分に入ってきます。一括借り上げは常に収入は固定ですが、自主運営は稼働率が上がれば上がった分だけ収入がアップするため、多少のリスクを負ってでも資産を増やしたいと考えている人にはうってつけと言えるでしょう。

リスクと言っても不動産投資と比べると少額のため、これから投資に挑戦したいと思っている人にもおすすめです。

駐車場経営の目的や考え方、運営期間によってどちらを選ぶかは変わりますが、投資効率を考えて一括借り上げと自主運営どちらも対応している会社の方が、後から切り替えることもできるため良いでしょう。

2.オーナー目線で「No」と言ってくれる会社

駐車場経営はどのような土地でも必ず成功するわけではありません。立地条件によっては設備や広さが充実していても利用者が増えないこともありますし、2台しかスペースがなくても稼働率が高いこともあります。

パートナー会社は必ず、オーナーの所有する土地が駐車場に適しているかどうか現地調査をして収益プランを作成し提案をするはずです。オーナーとしてはまず説明をじっくり聞くことです。

信頼できる会社はなんでも安請け合いをして進めるのではなく、オーナーのためにならないと判断したら契約を断るといった信念を持っています。自社の利益だけでなくオーナー目線で考えてくれる会社を選ぶのがポイントです。

3.こまめに点検や清掃を行っている会社

タイムパーキングのスタッフによる清掃風景

さて上記条件を満たしているかどうか比較するためにピックアップした5社に当てはめて考えてみましょう。パートナー会社がどんな管理体制で、きめ細やかな対応ができるのかどうかは収益に関わることなので重要です。これは駐車場を利用する立場で考えると理解しやすいでしょう。こまめに点検や清掃が行われていると気持ちがよいのでまた利用したいと考えるはずです。管理がいい加減な会社の駐車場は徐々に売上が下がっていきます。

一括借り上げでも売上が思わしくないと賃料値下げの可能性も出てきますので、管理がしっかりしていて、できれば24時間対応や夜間のパトロールなど行っている会社なら理想的です。

総括:理想的なパートナーは…

投資効率の良さを考えて一括借り上げと自主管理両方に対応しているところがほとんどですが、サポート内容から判断すると、お客様視点で土地を調査・分析をしっかり行なっていると考えられるのはパーク24とタイムパーキング(アパルトマンイクシーズ)でしょう。

駐車場の管理体制については専門ということだけあってどの会社も24時間対応になっています。また清掃や機械の点検・メンテナンス体制もしっかりできているので安心です。

どの会社も強みを生かしたサービスを提供していますが、ここで挙げたすべての条件をクリアしている会社としてタイムパーキング(アパルトマンイクシーズ)がもっとも好ましいという結論に至りました。

タイムパーキングの公式サイトを見る>>

電話で駐車場経営について無料で相談する

その他にもあるパートナー会社

三井のリパーク

独自サービス「Rism」によって駐車場経営を強力サポート。

One Park

近隣商業店舗との連携で稼働率向上、賃貸料アップも実現。

日本システムバンク

駐車場の企画・施工・販売・管理を一括してサポートする。

コインパーキングのパークス

関西一円で駐車場経営を専門に扱う、安心のベテラン企業。

パートナーズ

オーナーの費用負担0で始められる駐車場経営プランを提供。

ショウワサービス

中古駐車場機器を活用して様々なニーズに柔軟にも対応。

パークアベニュー

オーダーメイド方式による自由度の高い駐車場経営を提供。

パークステーション

費用負担や管理運営の手間が全て0で行える駐車場経営。

ミウラクリエイト

立地条件や周辺環境の徹底調査でノーリスクの駐車場経営。

フィルパーク

駐車場と建物の2つをセットで考える土地活用法を提案する企業。

ハロー・テクノ

駐車場機器の開発・製造も手がける高い専門性で強力サポート。

エイブルパーキング

駐車場設置から管理、クレーム対策まで一括管理の駐車場経営。

ナビパーク(スターツアメニティー株式会社)

大手不動産グループ企業としての連携力を活かしたサポート力。

日本パーキング

日本全国各地で地域環境にベストマッチした駐車場経営を提供。

駐車場経営を始めるのに知っておくべき事

メリット・デメリット

駐車場経営を行う上で、また月極駐車場やコインパーキングのどちらを選択するにしても、メリット・デメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

駐車場経営のメリット・デメリット

メリット
  • 土地の活用方法として有効
  • パートナー会社を上手に選べば低リスクで安定収入を得られる
デメリット
  • 土地を持っていない人では初期費用が大きくかかる
  • パートナー会社選びを失敗すると赤字リスクが増大

月極駐車場のメリット・デメリット

メリット
  • 駐車場機械の導入が不要
  • 料金が先払いで、金銭トラブルが少ない
デメリット
  • 収入の上限が低い
  • 空車リスクがあり、収入が不安定

コインパーキングのメリット・デメリット

メリット
  • 収入が比較的安定している
  • 立地条件が良ければ効率的に運営して収益性も高められる
デメリット
  • 設備機械を導入する必要がある
  • 料金を支払わずに逃げるといった料金トラブルのリスク

他にも安定収入を得るためのポイントをしっかり確認しておきましょう。

初期費用

駐車場経営を始めるにあたって、初期費用がどの程度かかるのかを知っておくことは不可欠です。

初期費用の種類

駐車場経営をスタートするには、土地の整地・舗装や、コインパーキングの場合であれば機器の購入・工事といった準備が必要であり、それらに応じた費用がかかります。

もちろん、土地を所有していない人の場合は、専用の土地の取得費も必要です。

初期費用の詳細や実際の費用目安について、さらに細かく確認しましょう。

その他気を付けるべき注意点

メリット・デメリットや初期費用の他にも、駐車場経営を始める上で注意すべき点はあります。

地域の駐車場ニーズ

そもそも、駐車場が必要とされている地域でなければ、利用者が集まりません。

人口・交通量など

人や車が多く集まってくるエリアであれば、駐車場の稼働率も期待できます。ただし、時間帯ごとに人の量が大きく変動する地域もあるので注意が必要です。

周辺の駐車場数

駐車場経営にとってメリットの多そうな地域でも、周辺に駐車場がいくつも存在していれば、供給過多になっている場合もあります。

税金

土地は持っているだけでも固定資産税などの税金がかかります。また、駐車場経営で得た利益に対して所得税などがかかることもあるでしょう。

駐車場経営というのはもちろん土地の有効活用という目的もありますが、駐車場不足を解消して1人でも多くの人に便利に使ってもらう地域貢献の役割も持っています。その点を肝に命じて、ベストなパートナー会社を探してみてください。

駐車場経営の種類

駐車場経営には大きく分けて、特定の人へ貸し出す月極駐車場と、不特定多数の人へ一時的に貸し出すコインパーキングの、2種類があります。
また、月極駐車場とコインパーキングもさらに複数のパターンに分けられます。

月極駐車場

自分で全て行う方法

駐車場の使用者から賃料の回収、駐車場の整備まで、一切をオーナー自身が行う方法です。

管理委託方式

駐車場の管理や集金などを専門業者へ委託する方法です。手数料がかかる反面、自分で全てを行うより安心の駐車場経営といえます

一括借上方式

土地を丸ごと専門会社へ貸し出し、専門会社が駐車場を経営する方法です。オーナーには、土地の使用料として定額の賃料が支払われます。

コインパーキング(一時貸し)

自己経営方式

専用機器の設置や舗装にかかる初期費用を、オーナー自身が支払う方法です。管理は専門会社に任せることが一般的です。

土地賃貸方式

専門会社へ土地を貸し、オーナーには稼働率に関係なく一定の賃料が支払われます。会社によってはこれを一括借上方式としています。

駐車場経営の収益予想を高く見積もると危険

「立地が良い=駐車場ニーズが高い」は間違い!

観光地が近くにあるから、オフィス街・繁華街のど真ん中だから…。そういった安易な理由から、収益予想を高く見積もる方は意外と多くいらっしゃいます。人が集まる場所は回転率が良いため、使用料金を高く設定しても稼働率は高いはず!と考えるのは土地活用失敗への第一歩です。

需要が高いエリアには既に多くの駐車場が存在するため、あらたに参入しても供給過多のため経営に苦しんでいる場合が。

特に観光地周辺は、県や市の運営する安くて広大な公営駐車場が存在するケースもあります。その上、観光地や繁華街は電車やバスといった公共の交通機関が整備されている場合がほとんど。一見車通りの多そうな場所であっても、駐車場の需要が少ない可能性もあります。

一括借り上げの落とし穴、賃料の減額とは?

コインパーキングの経営でよく利用されるのが、一括借り上げ方式。土地を貸すだけで不労所得が入ってくる点が魅力的ですが、賃料減額条項という落とし穴があります。契約時に高額な賃料を提示され、それをベースに年間の収益予想を立てていた結果、数年後には賃料が半額になり収益がほとんどない、といったことも。

どんなに好立地にある土地であっても、供給過多やニーズに沿わないことで稼働率が悪ければ、運営業者はすぐに賃料の値下げを持ちかけてきます。場合によっては稼働率や収益の如何に関わらず、最初に高額の賃料を提示して契約を取り、徐々に賃料を減らしてくるという業者も。

最初に提示された賃料を鵜呑みにせず、減額も考慮に入れながら、長期的な収益予想を立てることが大事です。

表面利回り・実質利回りの違いを知る

駐車場経営において、実質利回りをしっかり理解しておくことは大変重要です。

駐車場はマンション・アパートのような不動産投資ほど初期投資やランニングコストがかからず、つい安価な諸経費で運営できると考えがち。

しかし実際はそう甘くありません。駐車場の土地は更地と同じ評価を受けるため、住宅用地の特例を受けられず固定資産税は6倍にも跳ね上がるのです。

これを考慮した上で実質利回りをきちんと理解しておかなければ、「固定資産税を払ったら利益がほとんどない」なんてことになりかねません。

実質利回りの計算方法は以下の通りです。

実質利回り(%)=(満車時の年間賃料-ランニングコスト)÷(土地価格+初期費用)✕100

ランニングコストの中には、

などが含まれます。もちろん常に満車を維持することは難しいので、実際の実質利回りはこれよりも下回ることを想定しておきましょう。

どんな人がどれくらいの収入を得ている?

駐車場経営による売上げは、エリアの地価や人口、交通量、立地などによって変わり、どれくらい儲かるかは同じエリアでも差が生じることが通常です。

地域ごとの月極駐車場(10台)の売上例

東京都

1台当たり35,391円(年間5,096,304円)

埼玉県

1台当たり8,312円(年間997,440円)

千葉県

1台当たり10,303円(年間1,236,360円)

ただし、上記の例はあくまでもエリアの平均な上、利用率が100%という条件を前提としており、実際の売上げは変動します。
また、一般的にコインパーキングの方が、月極駐車場よりも収益は高くなります。

駐車場経営の具体的な収入事例

コインパーキングの駐車場経営の収入について、さらに細かく知りたい場合は、こちらのページを参照して下さい。

維持費・ランニングコストは!?

メンテナンス費用・委託料

自分で駐車場を管理している場合は、機器やアスファルト、区分けロープなどのメンテナンス費用が、専門会社を委託している場合は委託料がかかります。

土地に対してかかる税金

駐車場の稼働率や売上げに関係なく、固定資産税や都市計画税など、地価に応じた税金が必ずかかる為、駐車場経営を行う上で最重要ポイントの1つです。

収入に対してかかる税金

駐車場経営で収入を得た場合、所得税や住民税、事業税といった税金がかかります。

保険料

自分で駐車場経営を行う場合、万が一に備えて事業保険に加入していれば、保険料も支払わなければなりません。

初期費用などの内訳

ランニングコストについて、より具体的な費用や内訳については、こちらで確認して下さい。

自分で経営する場合と委託する場合の具体的な収益差

自分で経営する場合は、駐車場の利用者や稼働率がそのまま収益に反映されますが、管理を委託する場合、そこから委託料を差し引かなければなりません。
委託料は管理会社によって異なり、またどこまでを委託するかによっても変わります。
例えば相場として、集金代行や簡単なメンテナンス作業の委託だけであれば、売上げの3~6%といわれています。
その為、例えば年間100万円の売上げがある駐車場の場合、委託すると94~97万円程度が売上見込みになるでしょう。
具体的な委託料や作業内容については、それぞれのパートナー会社へしっかりと確認することが必須です。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社
タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
アップルパーク

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで
埼玉県越谷市地域密着の実績ある

収入例 10台駐車スペースで各3.3万円の賃料で月33万円の収入
経営形態 ・土地を貸し定額賃料を受ける

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.