TOP » ケース別 駐車場経営の収入事例集

ケース別 駐車場経営の収入事例集

ここでは立地条件や経営方式の違いによって変わる駐車場経営の収入事例をケース別に集めて紹介します。

駐車場経営は土地条件も収入もさまざま

ローリスクで安定収入を目指せる土地活用法

駐車場経営、中でもコインパーキング経営の特長は、土地活用手段としての手軽さとフレキシビリティーにあります。大がかりな機械設備を用意する必要もありません。ローリスクで、安定収入を目指すことができます。

さまざまな土地の条件に対応可能

そして、「15坪程度の土地しかない」という人から「結構広い土地がある」という人まで、あらゆるケースへの対応が可能ですから、それぞれの土地オーナーの事情にあわせたプランで活用できます。

遊休地の活用方法にもってこい

自分が持っている土地をコインパーキングと重ね合わせて、もう一度見直してみてください。「それまで遊ばせていた土地を駐車場にすることで、毎月収入が得られるかもしれない」「用途が思いつかないくらいの狭い土地だが、駐車場2台分くらいならつくれるかもしれない」といった具合に、新たな活用の可能性が見えてきます。

土地を借りて始める人も

さらに、土地を持っていない場合も、上手にプランを組めば莫大な資金がなくてもコインパーキングをスタートすることができます。実際に、土地を借りて駐車場経営をし、利益を出している人もいます。マンションなどとは違い、撤去が容易なことも駐車場経営の手軽さと言えるでしょう。とにかく、いろんな人の投資ニーズに応えられるのが、コインパーキングの魅力です。

どのような土地でも収益化しやすい駐車場経営

駐車場経営は土地活用の方法としては古くから多くの人に利用されています。所有している土地を駐車場として貸すことで収益を得るというシンプルなビジネスで、転用がしやすいというメリットがあるからです。

ビジネスとして考えるとリスクが心配になりますが、実は以前よりもローリスクで始められる資産運用法としても注目されています。
これまでは月極駐車場が一般的でしたが、最近ではコインパーキングが増えてきました。この時間貸しというのが非常に効率がよく、立地さえ整っていれば車2台分のスペースでも高収益を上げることができるのです。

そこで土地の広さの違いや、狭小地・遊休地、月極駐車場の空きを活用などさまざまなケースでの収入パターンとしてどのようなものがあるのか事例を紹介します。

具体的な収入事例

ケース1:広さ100坪未満の土地>>

コインパーキングでは最も多い広さで、精算機などの設備スペースを含めて収容台数は5~10台。フラップ式駐車場がほとんどなので設置費用があまりかかりません。また撤去も迅速にできるので新たに土地活用が決まっても安心です。

ケース2:広さ100坪以上の土地>>

100坪という広さの土地をコインパーキングにすると収容台数13台ほどになりますので、数十台を収容可能な商業施設などの駐車場に多いパターンです。この規模はゲート式平面駐車場が多く、施設と提携して安定した運営が可能です。

ケース3:狭小地・遊休地>>

狭すぎて活用方法が見つからなかったり、使用するのをあきらめていた土地を駐車場として活用するケースです。コインパーキングは車2台分のスペースがあれば運営できますし、変形地であっても立地が良ければ十分な収益が上がります。

月極駐車場の空きを活用>>

昨今の車離れにより月極駐車場に空きが出て困っているオーナーの解決策として一部または全部をコインパーキングに変更するケースです。時間貸しの方が収益性が高いので月極駐車場の満車時より収入が増えることもあります。

土地購入からの経営>>

土地を購入または借りてコインパーキングを運営するケースです。駐車場経営は収入は確実にありますが、投資効率はあまりよくありません。土地購入だと回収までかなりかかるため土地を借りて成功しているケースもあります。

店舗・企業が経営>>

店舗や会社が所有する駐車場の一部をコインパーキングに変更して一般解放することで収益化するケースです。不正駐車の排除や設備メンテナンス・場内の清掃などの管理コストを抑える効果があるため増加傾向にあります。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.