TOP » 駐車場経営するには入門講座 » 駐車場経営は儲からない?その将来性

駐車場経営は儲からない?その将来性

ここでは駐車場経営は儲からないというのは本当なのか、将来の見通しも含めてその収益性について解説しています。

供給不足で市場規模が拡大する駐車場業界

駐車場業界は供給不足や社会構造の変化により市場規模を増加させています。平成27年から平成28年における駐車場大手4社の売上高の合計は2,244億円で伸び率は+9.8%となっています。

駐車場の需要と供給

駐車場の需要と供給に目を向けてみましょう。自動車検査登録情報協会によれば平成29年5月末現在の自動車保有台数は約8,100万台。これに対しコイン式駐車場の車室数は約118万車室(日本パーキングビジネス協会/平成29年作成資料)となっており、市場規模は拡大していてもまだまだ供給不足の状態にあると言ってよいでしょう。

駐車場利用者数の増加

2006年の道交法改正により駐車場利用者数は増加したと言われています。駐車違反の確認を民間へ委託できるようになったため取り締まりがそれ以前より厳しくなり路上駐車をする人が減ったためです。

また日本人口の高齢化も駐車場利用数の増加の一因となると考えられています。若年層の車離れを指摘する意見もありますが、反対に年配者は足となる車を使う機会が多くなります。自動車の利用が増えれば、おのずと駐車場の利用も増えます。

違法駐車に対しての法律が緩和されることはないでしょうし、高齢化はこれからも続くため、車がなくなる社会は考えられません。今以上に駐車場利用が増加するのは確実だといえます。

ローリスクローリターンの駐車場経営

コインパーキング経営で資産価値を高める

駐車場需要は今後もしばらくなくなることはないと予想されますが、駐車場経営をする側の収益性はどうでしょうか。更地のまま放置した場合と、コインパーキングを経営をした場合の収入例を計算し、表にまとめました。

土地の状態 更地のまま コインパーキング
固定資産税 35万円/年 35万円/年
土地活用による収入 0円/年 60万円/年
年間収支 -35万円 +25万円

固定資産税評価額2,500万円の100㎡土地を所有していると仮定します。この時、固定資産税は2,500万円×1.4%=年間35万円。月額にすると約29,200円がかかるということになります。

この土地を5台駐車できるコインパーキングにして一括借上げで1台当たり1万円/月の賃料を受け取れるとすると、5万円×12=年間60万円。固定資産税35万円を納付しても25万円が残ります。

この他に都市計画税が課せられると少し数字も変わってきますが、マイナスになることは無いでしょう。

土地を持っているだけでは毎年固定資産分のお金が出ていくだけですが、駐車場経営を始めることで少なくても±0、あるいは+αの収入を得ることができることになります。

元手いらずで手軽に始められる

駐車場経営は、大きな収入を見込める性質のものではありません。リスクは極めて低いけれども大儲けができるわけでもないローリスクローリターンのビジネスです。

土地さえあれば、アパートやマンションのように大きな建物を必要とせずにすぐに始められる手軽さも、駐車場経営の利点の1つです。

一括借上げのコインパーキングの運営なら、機械の設置や維持管理もすべて専門業者に任せることができるため初期費用もかかりません。

固定資産税+αの収入を目指す

駐車場は、住宅用土地のような固定資産税の節税効果がありません。税法上は更地扱いになるため、税金の軽減措置がないのです。

土地はたとえ更地でも、固定資産税がかかります。税金を駐車場経営で得た収入で賄い、+αの利益を目指すのが、駐車場経営の王道です。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.