安定収入も高効率投資も狙える、駐車場経営のはじめ方

HOME » 駐車場経営するには入門講座 » 駐車場経営の将来性

駐車場経営の将来性

 駐車場経営という不動産投資の価値を、将来性や市場情勢などの観点からまとめました。

駐車場経営は将来性のある投資

駐車場業界は、供給不足や社会構造の変化による需要の増加を追い風として、さらなる拡大・増加を続けると考えられます。市場情勢から見ても、将来性は大きく見込め、駐車場に投資することの価値は十分にあるといえるでしょう。

 

  • 駐車場の需要と供給

現在、駐車場は長く続く供給不足の状況にあります。
2013年の国内自動車保有台数の約7600万台に対し、コインパーキングの駐車可能台数は約700万台。圧倒的な供給不足がうかがえ、これからも需要は拡大するものと考えられます。

 

  • 駐車場利用者数の増加

2006年の道交法改正により、違法駐車の数が大幅に減少し、大部分がコインパーキングなどを利用するようになりました。
日本人口の高齢化も駐車場利用数の増加の一因となると考えられています。若年層の車離れを指摘する意見もありますが、反対に年配者は足となる車を使う機会が多くなります。自動車の利用が増えれば、おのずと駐車場の利用も増えます。

社会構造は常に変化します。しかし、違法駐車に対しての法律が緩和される事はないでしょう。車がなくなる社会は考えられませんし、高齢化が解消される見込みもありません。今以上に駐車場利用が増加するのは確実だといえます。

 

  • コインパーキング市場

業界大手数社が占めているのはシェア全体のわずか5~8%となっています。それ以外の約90%は、駐車場経営サポート会社やパートナーシップを結ぶ個人経営者など、大小さまざまな業者が混在しているということになります。つまり、大手業者だからといってシェア上位を独占しているわけではないのです。
これは近隣のライバル大手業者にも立ち向かえる強みになります。シェアを独占されないという点は、経営が長く続く要因にもなり、経営の将来性にもつながるといえます。