安定収入も高効率投資も狙える、駐車場経営のはじめ方

HOME » 駐車場経営で安定収入を得るならこの会社 » 日本システムバンク

日本システムバンク

ここでは、駐車場経営のパートナー会社、日本システムバンクについて紹介します。

初期投資に費用をかけて、利回り30%を目指す。

平成18年の道路交通法改正による路上駐車の取り締まり強化を背景に、積極的に営業展開をしている日本システムバンク。同社と結んで駐車場経営をする場合は、オーナーがコインパーキング事業に必要な機器を購入し、集金・保守・管理業務を委託する形になります。

購入する機械は、利用料を領収する精算機、利用者の誘導や使用案内をする看板関連、駐車したクルマをロックするロックプレートなどです。

借り上げ方式に比較し、初期投資額は大きくなりますが、その分リターンも期待できます。同社が提供している駐車場経営のシミュレーションでは、「利回り30%程度」を目指してます。6台の駐車スペースが約40%稼動したとして、「1日24時間いつでも20分100円」の料金設定で、年間収入が約550万円程度となっています。

日本システムバンクの特徴として挙げられるのは、「機械類の充実」です。オーナーに購入してもらうわけですから、多彩なラインナップが提供されています。集中精算機6種類、ロック装置4種類、ゲートシステム3種類のなかから、パーキングレイアウトや予算にあわせて選べるようになっています。

もちろん購入した機械類は、購入後のメンテナンスまで、万全のフォローをしてくれます。ハード面の提供・保守には非常に強い会社です。あとはソフト面、たとえば「周辺の相場がこうだから、料金設定はこうしたほうがいい」「あそこにノボリをだすともっと露出が高まる」といったアドバイスがしてもらえるとさらに、おすすめできるパートナーになります。

日本システムバンクの基本情報

  • 社名: 日本システムバンク
  • 展開エリア:東京・大阪
  • 本社:福井県福井市中央3-5-21