駐車場経営で安定収入!成功ガイド » ケース別 駐車場経営の収入事例集 » 店舗・企業が経営

店舗・企業が経営

ここでは店舗や会社が来客用として用意している駐車場をコインパーキング化することで成功した事例を紹介しています。

店舗や会社のコインパーキング導入が増えた理由

近年、店舗や会社の駐車場の一部または全部をコインパーキングにする事例が増えています。なぜならその方が業務を行う上でメリットがあるからです。

例えば多くの商業施設や訪問者の多い会社では来客用に駐車場を用意していますが、通常業務とは別に以下のような問題点があり、それに対応するためコストが発生します。

駐車場の問題点

1.利用者以外の不正駐車の監視・取締
2.トラブルやクレーム発生時の処理
3.設備メンテナンスや場内清掃

コインパーキングを導入することで、駐車場の管理は任せられますし、何より不正駐車を排除できるのが大きいと言えるでしょう

もちろんまたコインパーキング利用を目的とした人が店舗に立ち寄ることもあるので顧客獲得にもつながります。

会社の場合も今までは営業時間外は駐車場を閉めてお休み状態になっていたものがコインパーキング化して24時間誰でも利用するようになるとその分が収益になります。

店舗や会社が繁華街にあれば駐車場不足の解消にもなりますので、地域の人にとっても便利になって喜ばれるというメリットもあります。

店舗・企業のコインパーキング成功事例

店舗の駐車場をコインパーキングにし収益アップ

お客様専用の無料駐車場を持つ店舗のオーナーは、朝から夜まで停めっぱなしにしていく不正駐車にイライラを募らせて、駐車場経営を手掛ける某企業に相談。無料駐車場をコインパーキングにしてしまうことで、不正駐車を防ぎ、月25万円の賃料を得られるようになったそうです。月0円からの見事な活用事例は以下の通り。

before:

0円(固定資産税が課税されるため、実質マイナス)

after:

コインパーキング賃料:月25万円(一括借り上げ形式)

不正駐車を防いで顧客満足度も向上

もちろん、店舗利用者は無料で使える仕組みを導入していたため、お客様からのクレームもなし。むしろ、不正駐車がなくなったことで、以前よりも車が停めやすくなったと好評だそうです。

店舗の営業時間外は通常のコインパーキングとして運営することで、不正駐車を防ぐとともに、夜間や定休日に空いていた駐車場の有効活用も実現。

高収益を狙い機械購入も検討中

一括借り上げのため、今の収益は賃料固定の月25万円ですが、好立地で多くの利用が見込めるため、オーナーは将来的には自分で経営をする機械購入方式のコインパーキングに切り替え、さらなる高収入を狙うと意気込んでいるのだとか。

このような「営業時間外の空いている駐車場を活用して収益を得る」というコインパーキングの新たな活用方法が注目を集めています。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.