駐車場経営で安定収入!成功ガイド » ケース別 駐車場経営の収入事例集 » ケース1:広さ100坪未満の土地

ケース1:広さ100坪未満の土地

ここでは50坪以上100坪未満の土地で時間貸し駐車場を経営した時の収入事例について紹介しています。

100坪未満の土地でのコインパーキング収入事例

50坪以上100坪未満くらいの規模は、コインパーキングでは最も多いパターンかもしれません。「もともと一軒家が建っていた土地を更地にして、駐車場にする」といった場合、このくらいの規模の土地であることが多いためです。

50坪以上100坪未満という広さは、駐車場の収容台数の基準で計算すると7~14台になりますが、精算機などの設備スペースを含めて5~10台になります。

この規模だとおそらくゲート式よりもフラップ式駐車場が多いと考えられます。工期も短くて済みますし設置などの初期費用もそれほどかかりません。

また別の土地活用が決まった際の撤去にも手間がかからないのでコインパーキングによる土地活用の王道と言えるでしょう。

収入事例1:都市部の駅近の土地で、204台の駐車場

4台分で月16万円前後

時間貸しのコインパーキングのため、毎月定額の収入が得られるわけではありませんが、駅近で利便性の良い土地であれば、この事例のように1台当たり月4万円前後の売上が見込めます。

収入事例2:65坪で9台分のコインパーキングを運営

9台分で月40万円前後

土地オーナーは、会社勤めを引退したばかりで、これからの趣味の1つにしようと自分で運営する「自主運営方式」のコインパーキングを選択。初期費用はかかるものの1年間で回収でき、月の収入は土地を貸して一定の収入を得る「一括借り上げ方式」にするよりも多いため、長期的に考えての判断でした。

自主運営方式といっても、集金や清掃などの保守管理を安価にお任せできるパートナー会社にお願いしたため、一括借り上げと比べてもそんなに手間は変わらなかったようです。保守管理費(集金・清掃委託)として毎月31,500円を払っていますが、残りの月368,500円がオーナーの収入となっており、満足のいく収入を得ることができています。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.