安定収入も高効率投資も狙える、駐車場経営のはじめ方

HOME » 駐車場経営するには入門講座 » 駐車場開設費用と税金

駐車場開設費用と税金

駐車場経営にかかるお金について、初期費用、運営費用から税金までをまとめてみます。

コインパーキング経営にかかる初期費用

初期費用としては、更の土地を駐車場として使えるようにするための様々な費用がかかります。まずは、アスファルト舗装や整地などの土地の整備費用です。そして、コインパーキングのロックプレート(駐車した車をロックする装置)や精算機などの機械の調達と工事にかかる費用。その他、利用者の誘導や使用方法の説明に必要な看板類、夜間も安全に使ってもらうための照明などの設備にかかる費用も発生します。

初期費用については、契約の形態によって、機械設備をコインパーキング会社が負担したり、購入ではなくリースで調達したり、ケースによって異なります。

運営費用(ランニングコスト)

運営費用についても、駐車場経営のスタイルにより異なりますが、集金や清掃、機械のメンテナンスなど、いわゆる管理費や電気料金が月々発生することになります。

税金

税金は、事業経営の利益に大きく影響する必要経費です。駐車場経営にかかわる税金としては、固定資産税や都市計画税などがあります。土地、家屋、償却資産の所有者が、その価格をもとに算出される金額を、所在地の役所に払う税金です。ただし固定資産税の課税標準額が設定されていて、その金額に満たない場合は課税されないこともあります。

都市計画税は、土地が市街化区域にあった場合に発生する都市計画事業や区画整理事業に要する費用に充てるお金です。全国一律なものではなく、区や市町村が設定するものですから、詳細についてはそれぞれの税務署、役所で相談してください。

土地の条件にもよりますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。上記の特徴をしっかりとおさえたうえで、ご自身の駐車場経営に最適なパートナー会社選びをしてください。

安定収入の駐車場経営ができるパートナー会社を比較しています>>