TOP » 駐車場経営するには入門講座 » 駐車場経営にかかる初期費用(工事費用など)

駐車場経営にかかる初期費用(工事費用など)

ここでは駐車場を開設するために必要な機器代や工事費用などの相場について紹介しています。

駐車場経営を始める際に必要な初期費用

駐車場

駐車場経営を始めるためには初期費用が発生します。更地を駐車場として使えるようにするための費用やコインパーキングのロックプレート、精算機などの機械の設置費用などです。

契約形態により費用負担がオーナーかパートナー会社になるのかなど変わりますが、土地所有者としてその内容や費用ついて知っておくことは重要です。

購入の場合、初期費用の相場は5台~10台規模の駐車場で300~400万円程度と言われていますが、もちろん台数や取引する業者によって違います。以下に紹介する費用は目安として考えてください。

整地費用

できるだけお金をかけたくない場合でも更地のままでは駐車場を開設できません。最低でも平坦にすることと車の重量を分散させるための砕石工事などは行わなければいけません。

コインパーキングではさらに耐久性を上げるためにアスファルト舗装やコンクリート舗装が必要になります。

その場合、工程としては平坦にして砕石するまでは同じで、その上に舗装を行うので費用は追加で上がります。

機械設置費用

コインパーキングの場合は無人管理が基本となるため、精算機やロック板、看板などの機械代や設置費用がかかります

こうした設備に関しては一括購入するだけでなくリースやレンタルに対応している業者もありますので事前に相談するとよいでしょう。

またロック板にもフラップ板、前面ロックプレートなど様々な種類があり、最近ではナンバー認識システムを導入したロックレスタイプもあります。

駐車場を運営する期間によっても選択する機械も変わりますので、自主管理の場合は綿密な収支計画を立てた上で導入することをおすすめします。

この他にもセキュリティー向上のために防犯カメラを設置するなど周辺環境に合わせて必要な機器を選ぶようにしてください。

駐車場の施工費用はトータルでいくらかかる?

通常フラップ式のコインパーキングは100坪以下の土地で活用されることが多くなります。100坪の土地をコインパーキングにする場合、具体的にどのくらいの費用がかかるのか計算してみましょう。

100坪でコインパーキングを作る場合

コインパーキング

100坪は330㎡なのでアスファルト舗装の場合、4,500円/㎡として計算すると、1,485,000円。5,000円/㎡として計算すると1,650,000円です。

コンクリート舗装の場合、8,000円/㎡として計算すると、2,640,000円。10,000円/㎡として計算すると3,300,000円です。コインパーキングにするには、この費用に機械設置費用が追加となります。

10台止められる駐車場であれば、

で機械設置費用合計2,050,000円。

舗装費用と合わせると、合計3,535,000円~5,585,000円ほどとなります。

道路と土地の形がよく串刺し型の駐車場にできる場合は14台ほど駐車することができます。この場合、ロック板10万円×4枚が増えるので、計算では舗装費用と合わせて、合計3,935,000円~5,985,000円ほどとなります。

また、すでに舗装済みの土地でコインパーキングを始めるなら舗装費用はもちろん必要ありありません。

50坪でコインパーキングを作る場合

コインパーキングを検討する場合はもっと狭い土地を活かしたいというケースも多いでしょう。次は50坪で計算してみます。

50坪165㎡として、整地費用はアスファルト舗装の場合、4,500円/㎡として計算すると、742,000円。7台駐車できると過程して、機械設置費用が1,750,000円。合計2,492,000円からとなります。コンクリート舗装の場合、8,000円/㎡として計算して1,320,000円。機械設置費用との合計が3,070,000円から。

舗装費用は面積が広くなるほど単価が安くなる傾向はあり、また地域によって費用が大きく異なる場合もあります。土地によっては深く採掘しなくてはいけない可能性があり、都道府県、地域よって残土処分費用が高くなる可能性もあります。土地が狭い場合はもう少し多めにかかる場合もあるでしょう。

駐車場経営は、簡単に元がとれる?

想像よりも、高いと感じたでしょうか。それとも安いと感じたでしょうか。

アパートや賃貸住宅を建てて運用するよりはコインパーキングの初期費用は少ないのですが、未舗装(砕石)タイプの月極駐車場に比較すればかなり多くの資金が必要になります。

コインパーキングを自力で経営する場合は、もとが取れるのかしっかり考える必要があります。

一括借上げ駐車場なら初期費用はかからない

一括借り上げシステムを提供しているパートナー業者と、一括借り上げの契約をする場合はほぼ初期費用はかかりません。(土地の規模や立地条件によって初期費用の悲嘆が必要な場合があります。)

一括借り上げシステムは土地に対して賃料を支払う、一定額を支払う固定型が多くなります。といっても必ず定額方式で契約しなくてはいけないとは限らず、サポート業者によっては、売上に応じて一定割合の賃料を支払ってもらえる方式や、固定と変動のミックスしたタイプの支払い方式を採用しているところ、機械類のレンタルが可能なところなど、様々なプランが用意されているところもあります。

パートナー業者を利用するメリット

非常に立地が良い土地であれば自分で経営したほうが利益の上限がない分有利になります

ですが、施工までをサポートしてくれて自分で運用できるか選択できるパートナー業者もあるので、どの程度の初期費用がかかるのか、その土地に対して何台くらいの駐車場が適切なのか、手間なく簡単に目安を知ることができます。また土地活用のプロが、利益が出ると見込める土地なのかを知ることもできるでしょう。

立地に不安がある人や、ローンを組んでまでコインパーキングを運営していく自信がないという場合、手間をかけずにサイドビジネスとして取り組みたい場合などには、パートナー業者にまず相談してみるといいでしょう。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.