駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 経営形態別 駐車場経営の収入

経営形態別 駐車場経営の収入

ここでは駐車場の経営方法の種類とそれぞれのシステムの違いについて説明しています。

月極駐車場とコインパーキング

駐車場の経営形態には大きく分けて月極駐車場とコインパーキングの2種類があります。

平面駐車場、立体駐車場、タワー型駐車場などの形状がありますが規模が違うのみで経営形態には影響しません。

月極駐車場

その名の通り台数×月額契約料金が収入となる駐車場の形態です。

整地していれば砂利敷の更地でもロープを張るだけで開設できるので初期費用が少なくて済むのがメリットです。

1台が継続的に駐車することが多い住宅地によく見られます。収容台数分の契約者がいれば問題ないですが、契約者がいないスペースの収入はゼロになるという空きリスクがあります。

契約によっては収入が保証されるケースもあるとはいえ、それでも収益性が低いのがデメリットです。

コインパーキング

決まった契約者がいるわけではなく時間で駐車場を貸して利用料金を徴収する駐車場の形態です。

精算機やフラップ板、案内看板などの設置が必須のためある程度の初期費用が必要になります。一時的な駐車の需要がある駅前や商業地によく見られます。

稼働率にもよりますが月極駐車場のように一箇所がまるまる収入ゼロになるリスクはほとんどなく、収益性は月極駐車場より高いというのがメリットです。

コインパーキングには土地を管理会社に貸してすべての運営を任せる一括借上げ方式と機器などを自分で購入して経営を行う自主管理方式があります。一括借上げの場合は機器購入の必要はありません。

なおコインパーキングは、個人の土地活用の方法としてはもちろん、店舗や会社が収益確保のために運営するケースもあります。それぞれの特性を理解した上で、最適な方法を探してください。

駐車場経営の収入【個人経営の場合】

個人経営の場合は安定収入が確保できるので一括借上げ方式でコインパーキングを運営するケースが多くなっています。

賃料収入は固定になりますが機器設置の初期費用がかからないというメリットがあるからです。

もちろん自主管理方式でコインパーキングを運営することも可能で、初期費用はかかりますが、稼働状況によっては高収益が見込めます。

個人経営の場合の収入事例をもっと見る>>

駐車場経営の収入【店舗・会社の場合】

近年、店舗や会社がコインパーキングを始めるケースが増えていますが、その理由は駐車場の収益が上がるというだけではありません。夜間の防犯や不法投棄防止に役立ちますし、店舗などでは無断駐車や迷惑駐車がなくなり本業の売上アップにつながるからです。コインパーキング自体でそれほど収入がなくても本業で稼げるようになればOKという経営判断があるからです。

店舗・会社の場合の収入事例をもっと見る>>

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社
タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
アップルパーク

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで
埼玉県越谷市地域密着の実績ある

収入例 10台駐車スペースで各3.3万円の賃料で月33万円の収入
経営形態 ・土地を貸し定額賃料を受ける

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.