駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 駐車場経営するには入門講座 » 最大50%も可能!駐車場経営での節税対策を紹介

最大50%も可能!駐車場経営での節税対策を紹介

駐車場

低コストでスタートできる駐車場経営。ですが、節税効果は高くないと言われています。

駐車場経営における効果的な節税対策を紹介します。

駐車場経営で節税可能な税金は相続税と所得税のみ

駐車場経営に関わる税金は、「相続税」「所得税」「固定資産税」「都市計画税」の4つです。このうち、固定資産税に関しては、土地の種類によっては税制の軽減措置があるものの、駐車場は更地と同じ扱いになるため軽減措置は受けられません。

また、都市計画税に関しても、その都市計画区域内であれば支払う必要があり、軽減措置は受けられません。節税が見込めるのは、「相続税」と「所得税」のみです。それぞれの特徴と節税効果をまとめましたのでご覧ください。

相続税は条件次第でアパート経営と同等の50%減節税効果が

土地を相続する場合に発生する「相続税」。相続した土地の種類が更地であれば、駐車場にする事で相続税評価額が50%減になる特例が受けられます。これは、アパートやマンションの相続税規定である、貸付事業用宅地等の「小規模宅地等の特例」と同じもので、とても大きな節税効果と言えます。ただし、定められたいくつかの条件を満たす必要があります。

  1. コンクリートやアスファルトで整地する必要があります。砂利敷きの場合は、砂利の量や敷き詰め方、範囲などによって適用されない場合があるので注意が必要。この措置を行う事で、構築物のある土地とみなされます。
  2. コンクリートなどで舗装して整地しただけではなく、きちんとした駐車場を経営、運営していなければなりません。
  3. この特例が適用されるのは200平方メートル(60坪ほど)までとなり、それ以外の部分は適用外となります。

経費によって変わる所得税は効果が少ないものの節税可能である

駐車場経営で得た収益は不動産所得となり、所得税が発生します。駐車場経営にかかった費用を必要経費として計上して「売上-経費=収入(所得税対象額)」という計算で収入や所得税額が決まりますので、経費が出来るだけあった方が節税出来ると言えます

ただ、駐車場はアパートなどとは異なり、設備投資も少ないため計上できる経費がそう多くありません。整地のためのコンクリートやアスファルト代、料金メーターや街灯、看板、監視カメラ代くらいでしょう。

アスファルトの耐用年数は10年、砂利だと15年となっています。例えば、アスファルトでの舗装で100万円かかったとしたら、耐用年数は10年ですので減価償却期間も10年。10年の間は一年に10万円の経費を加算できることになります。月にすると8千円ほどの経費になりますね。

上記を考えると、節税効果が大きく得られるのは、更地を相続するより駐車場にして相続するなど、相続に関わる場面となります。最終的には、どれくらいの収益性があるかですので、土地活用や駐車場経営の知識を十分に得て活用なさってください。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社
タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
経営形態
  • ・一括借り上げ
  • ・自主管理
アップルパーク

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで
埼玉県越谷市地域密着の実績ある

収入例 10台駐車スペースで各3.3万円の賃料で月33万円の収入
経営形態 ・土地を貸し定額賃料を受ける

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.