駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 駐車場経営に適した地域の条件や注意点とは?

駐車場経営に適した地域の選び方と注意点とは?

駐車場経営を成功させる上で、そもそも駐車場経営に適した地域のポイントを理解しておくことが何よりも重要です。

駐車場経営で考えるべき地域特性とは?

時間貸しと月極の違い

駐車場経営にはそもそも、一時的に利用者へ貸す時間貸駐車場(タイムパーキング)と、特定の人へ場所を貸す月極駐車場があります。

人口・交通量

一般的に、時間貸駐車場の方が月極駐車場よりも収益性は高いとされていますが、それは人口が多かったり交通量が多かったりと、人や車が集まりやすい場所であることが前提です。

地価・税金

土地を持たない人が駐車場経営を始めるには、まず土地を購入する必要があります。

しかし地価の高い土地を購入しては、初期費用がかかりすぎ、そもそも投資として意味がありません。

また、好立地の土地は駐車場経営に適していますが、土地は所有するだけでも固定資産税などの税金がかかる為、例えば大都会の一等地で時間貸駐車場を運営しても、税金と相殺すれば赤字になってしまいます。

駐車場経営で儲かるエリアのポイントとは?

東京

不動産賃貸業の場合、都会の中心部に近付くほど収益も期待できますが、その分、地価や固定資産税なども高くなり、駐車場経営としての土地活用で儲けることは難しいのが現実です。

その為、交通量は維持されているものの、固定資産税は比較的安い、中心部から少し離れた地域などが駐車場経営の狙い目です。

東京で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

埼玉

埼玉や千葉のように、東京で働く人々のベッドタウンとして、ドーナツ状に広がる地域の中には、人口や交通量が多いものの、固定資産税が比較的安く、駐車場経営を行う地域として適している場所も存在するでしょう。

埼玉で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

千葉

埼玉と同様に、東京のベッドタウンである千葉エリアにもまた、駐車場経営によって儲けられる可能性の高い地域はあるといえます。

千葉で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

神奈川

神奈川県で駐車場経営を検討するなら、場所の選定に注意しなければなりません。と言うのも、神奈川県全域で駐車場需要が高いわけではないからです。エリアによって需要の差が大きいため、分析やマーケティングで駐車場の需要が高いエリアを見つけることが、駐車場経営成功の鍵にとなります。

ただ、分析やマーケティングは専門知識が必要です。自力で難しいのであれば、神奈川県の駐車場事情を把握している会社に相談するのが一番でしょう。ポイントは、地域密着特化型で、駐車場経営をサポートしてくれる会社を選ぶことです。駐車場経営のノウハウが少ない方にとって、なくてはならないパートナーになってくれることでしょう。

神奈川で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

京都

京都はコインパーキングの需要が高い地域です。日本国内はもちろん、海外からも多くの人が集まる観光地であり、観光客の多くがレンタカーを利用して移動します。また、京都に住んでいる方も、交通渋滞を避けるため電車といった公共交通機関の利用率が高いのです。

ただし、コインパーキングの需要は京都全域で共通しているわけではないため、駐車場経営をするなら、特に需要が高いエリアを選ぶようにしましょう。同時に、駐車料金の相場を踏まえた料金設定が重要です。観光客が多いエリアならコインパーキング、住宅街で駐車場が少ないエリアなら月極といったように、見極めるための情報と分析が、京都での駐車場経営を成功させるポイントです。

京都で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

兵庫

兵庫もコインパーキングの需要が高いエリアです。自動車を所有している方は、昔からある月極駐車場を利用している可能性が高いからです。若者の自動車離れの流れと共に、繁華街ではコインパーキングの需要が高いのも理由のひとつとして挙げられます。

上記の理由で、兵庫県で駐車場経営をするなら繁華街や駅の近くで行うことをおすすめします。また、繁華街周辺にも住宅街があるため、その住人をターゲットにするという選択肢もあります。仕事で自動車を利用している方をターゲットにするとなれば、ビジネス街も狙い目です。ただし、大前提として競合より魅力的な料金設定であることや、独自アイディアが求められます。

兵庫で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

大阪

大阪で駐車場経営を行うなら、月極よりコインパーキングがいいでしょう。自動車所有率が低下していること、月極駐車場と長期契約を結んでいる人が多いことが、その理由として挙げられます。

それでも、自動車を利用している方はまだたくさんいますし、繁華街でのコインパーキング不足による違法駐車の問題もあります。その点を踏まえ、駐車場が求められているエリアを絞り込み、ビジネス向け、ちょっとした買い物で少し停車する利用者をターゲットにする工夫が必要です。利用者が求める料金設定や独自アイディアを取り入れられれば、競合に勝つ可能性は充分にあるでしょう。

大阪で注意すべき駐車場経営についてみてみる >>

繁華街を選ぶ際の注意点とは?

人が集まりやすい繁華街は、駐車場経営を行う地域として向いています。

しかし、当然ながら同業者も集まりやすく、実はすでに駐車場が供給過多となっているエリアも少なくありません。

繁華街だからと安心するのでなく、本当にニーズがあるのか事前に確かめることが不可欠です。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社

経営状態として、「一括借り上げ」と「自主管理」が選択可能であり、公式サイトに収入モデルの記載がある3社をピックアップいたしました。

タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
Times(パーク24)

駐車場業界の市場の84%(※1 2020年5月時点)を独占する、業界最大手。
※1:参照元:業界動向SEARCH.COM
https://gyokai-search.com/3-parking.html

収入例 16台の月極駐車場を、月極駐車場5台、時間貸し11台に変更し、月48,000円から2.2倍の110,000円に増加

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.