駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 経営形態別 駐車場経営の収入 » 【店舗・会社の場合】駐車場経営の収入

【店舗・会社の場合】駐車場経営の収入

ここでは店舗や会社が投資して時間貸し駐車場を運営する意味と収入パターンについて解説しています。

店舗の駐車場を活用した収入事例

お客様専用駐車場を見直し有効活用!

お客様専用の無料駐車場を設けていた店舗。駅からほど近いこともあり、不正駐車が後を絶たなかったため、コインパーキングの機器を設置することにした結果、月25万円の収入が得られるようになったという事例もあるとのことです。

会社や店舗がコインパーキングを始める理由

近年、店舗や会社が社有地の駐車場をコインパーキングに変更するケースが増えてきました。これには以下のようなさまざまな理由が考えられます。

営業時間外にも収益が上がる

来客専用の駐車場をコインパーキング化して一般の人にも24時間使ってもらえるようにすると、営業時間外にも収益が上がるようになります。営業時の来客者には無料券を配るなどして区別することもできます。

夜間の防犯、不法投棄対策になる

夜間に空き地の状態で放置していると犯罪の温床となる場合が考えられます。また勝手にゴミを捨てられるなど不法投棄の可能性が高まります。それならば、わざわざ警備員を置くよりも、夜間の見回りサービスのあるコインパーキングを利用した方がコスト削減につながるのでお得です。

店舗での本業の売上アップ

店舗で買い物額に応じてコインパーキングの無料時間を設定すると、端数合わせのために購入量が増えて売上アップの効果が期待できます。またあらかじめ無料になる時間が設定されているだけでも、その時間内に買い物を済ませようとするため回転率が上がり売上アップにつながります。

無断駐車・迷惑駐車の防止

単に無料で駐車スペースを開放していると店舗や会社に用事がない人の無断駐車や長時間駐車しっぱなしといった迷惑駐車が増えます。店舗などでは無断駐車が増えると、本来のお客様が駐車場を利用できなくなるため売上ダウンにもつながりかねません。コインパーキング化するとこうした無断駐車・迷惑駐車を無くすことができます。

以上のように会社や店舗では本業があるため、コインパーキング自体で大きな収益を上げることを目的としていません。設備を整えるためにそれほど大きな投資が必要なわけではありませんので、回収もそれほど時間がかからないでしょう。

それよりも社有地をそのままにしておくよりも、コインパーキング化することで本業の売上アップやコスト削減につながるという経営判断により導入が増えているのです。

駐車場経営成功のカギ!?
↓↓↓パートナー会社の比較はこちら↓↓↓

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社

経営状態として、「一括借り上げ」と「自主管理」が選択可能であり、公式サイトに収入モデルの記載がある3社をピックアップいたしました。

タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
Times(パーク24)

駐車場業界の市場の84%(※1 2020年5月時点)を独占する、業界最大手。
※1:参照元:業界動向SEARCH.COM
https://gyokai-search.com/3-parking.html

収入例 16台の月極駐車場を、月極駐車場5台、時間貸し11台に変更し、月48,000円から2.2倍の110,000円に増加

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.