駐車場経営で安定収入!成功ガイド » 駐車場経営よくある疑問集 » 駐車場の開設条件編

駐車場の開設条件編

ここでは土地の広さや初期費用など駐車場経営を始めるために必要な条件についてQ&A形式で解説しています。

駐車場の開設時によくある疑問集

駐車場経営を始める際にオーナーが気になるのは開設するためにどんな準備や予算が必要なのかということです。そこでよくある質問・疑問と回答を集めてみましたので是非参考にしてください。

Q 土地は何坪あれば可能ですか?

A コインパーキングを始めるのに必要な土地の広さはクルマ2台分とされています。ただし、その他に精算機や看板などを設置するスペースも必要となるため、それらを含めると30m2(約9坪)以上の広さがあれば大丈夫です。

ケース別の収入事例を見る>>

Q 初期費用はどのくらいかかりますか?

A オーナーが自主運営する場合は5~10台規模の駐車場で機械購入代として300万円前後が必要になると考えておけばよいでしょう。オーナーの土地を一括借上げしてもらい運営をパートナー会社に任せる場合は初期費用はかかりません。もし舗装や整地、歩道の切り下げをする場合はそれらの費用は別途かかります。

Q どんな場所が適しているのでしょうか?

A 一般的には駅前や商業施設などが近くにあり、多くの利用客が見込める場所がコインパーキングに向いていると言われています。
ただし住宅街でも駐車場がないマンションやアパートが多い場合は需要があります。素人では判断が難しいため専門の運営管理会社に現地調査をしてもらうと安心です。

成功する駐車場の条件を見る>>

Q 開設までどのくらいの期間がかかるでしょうか?

A 10台くらいまでの規模で敷地の整地や舗装、機器の設置のみなら2~3日もあれば終わりますが、電気関連の引き込みやその申請期間なども考えると3~4週間程度みておいた方がよいでしょう。

Q 家を建てる予定があるが開設できますか?

A 可能です。一括借上げをする場合は一時使用賃貸借契約を結ぶケースがほとんどなので短期間でも駐車場運営ができるようになっています。契約終了後は管理会社の費用負担で更地の状態で貸していた土地が戻ってくるので安心です。

Q 駐車場運営の経験や知識がなくても大丈夫ですか?

A 大丈夫です。一括借上げの場合は運営管理会社が機器設置工事からメンテナンス、利用者トラブル対応などすべての管理業務を行うのでオーナーは手間をかけることなく定額賃料が収入として入ってきます。自主運営の場合も駐車場の運営・管理のみ委託できる会社があるのでさまざまなサポートを受けることができます。

一括借り上げと自主管理の違いを詳しく調べる>>

Q コインパーキングの機械の購入費が気になります。リースは可能ですか?

A リース会社の審査が通れば、可能です。

駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

駐車場経営をするには信頼できる会社へ!
賃料固定型でも自営型でもおすすめ3社

経営状態として、「一括借り上げ」と「自主管理」が選択可能であり、公式サイトに収入モデルの記載がある3社をピックアップいたしました。

タイムパーキング
(アパルトマンイクシーズ)

借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!
初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。

収入例 3台分のコインパーキングで60万円の収入
20台のコインパーキングにして、月35万円の固定収入
ユアーズパーク
(ユアーズ・コーポレーション)

24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!

収入例 狭小地を使って、月5万円の収入
月極駐車場の空車室をコインパーキングにして売上が倍増
Times(パーク24)

駐車場業界の市場の84%(※1 2020年5月時点)を独占する、業界最大手。
※1:参照元:業界動向SEARCH.COM
https://gyokai-search.com/3-parking.html

収入例 16台の月極駐車場を、月極駐車場5台、時間貸し11台に変更し、月48,000円から2.2倍の110,000円に増加

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.