駐車場経営は儲かる?儲からない?

駐車場経営は儲かる?儲からない?

低リスクで手堅く稼げる投資として、駐車場経営が注目を集めています。このサイトでは「土地を相続したものの活用法に困っている」という人や、駐車場経営に興味はあるものの「土地はあっても手元資金が少ないので、絶対に失敗したくない」という人に向けて、駐車場経営の種類や収入事例を多数ご紹介します。

駐車場経営は儲かる?儲からない?

一口に駐車場経営と言っても、経営形態はさまざま。大きく分けると月極駐車場とコインパーキングの2種類があり、さらにコインパーキングにも異なるものがあります。それぞれのメリット・デメリットや収入パターンの違いを比較していますので、見比べてみてください。
放っておけばただの空き地。低リスクで始められる駐車場経営で、せめて固定資産税分は稼ぎたいものですね。

月極駐車場とコインパーキング、どっちが有利?

駐車場経営の形態として、月単位で自動車1台ごとに契約する「月極駐車場」と時間単位で貸す「コインパーキング」があります。また、これらを併用する形態も考えられます。

月極駐車場は、契約金額が決まっているため、その額以上の売上げは見込めません。自宅に駐車場がない、または複数台の車を所有していて駐車場が足りないといった人が多い住宅地には向いている形態ですが、契約者がなかなか見つからない場合は、新しい契約者が見つかるまで、その場所の収入がゼロになってしまうというリスクがあります。

コインパーキングは、一時的に駐車したい人が多い駅前や商業施設の近くなどの立地に土地を所有している場合に向いている形態です。時間単位で貸し出すため、立地によっては稼動し続けることができ、高収入につながる可能性もあります。

下記にメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
月極駐車場
  • 機械を導入する必要がない。
  • 先払いなので料金トラブルがない。
コインパーキング
  • 収入が比較的安定している。
  • 利用者数が多ければ多いほど高収入になる。
デメリット
月極駐車場
  • 収入が低い。
  • 空きができた期間は収入がなくなり、不安定。
コインパーキング
  • 機械を導入する必要がある。
  • 支払わずに逃げるなど料金トラブルがおこる可能性も。

収入を比較

月極駐車場は空きが出るとその分の収入はゼロになります。一方、コインパーキングは好立地ならひっきりなしに車が来ますから、客単価が格段にアップします。ここでは月極駐車場からコインパーキングに変更した際に、収入がどのように変わったかがわかる収入事例を集めました。

事例1:月極の空き8台分をコインパーキングに変更

駅近の好立地。全部で16台収容の月極駐車場のうち、ずっと空いていた8台分をコインパーキングに変更した。

before

月極16台(契約は8台)

40,000円×8台=320,000円/月

合計320,000円/月

after

月極8台+コインパーキング8台

40,000円×8台=320,000円/月

60,000円×8台=480,000円/月

合計800,000円/月

収入の結果

480,000円の収入アップ!

事例2:月極8台すべてをコインパーキングに変更

駅から徒歩3分の商店街。月極駐車場8台をすべてコインパーキング7台に変更。

before

月極8台(契約は5台)

18,000円×5台=90,000円

合計90,000円/月

after

コインパーキング7台

20,000×7台=140,000

合計140,000円/月

収入の結果

50,000円の収入アップ!

事例3:月極から月極+コインパーキングに仕様変更

住宅街の中にある16台収容の月極駐車場。車が止めにくい構造になっており、4台しか契約がなかったため、月極駐車場4台+コインパーキング6台の駐車場に仕様変更した。

before

月極16台(契約は4台)

12,000円×4台=48,000円

合計48,000円/月

after

月極5台+コインパーキング5台

12,000円×4台=48,000円

10,000円×6台=60,000円

合計108,000円/月

収入の結果

60,000円の収入アップ!

事例4:月極の空き10台をコインパーキングに変更

関東近郊の住宅街。20台収容可能な月極駐車場のうち、契約は10台のみだったため、空いている10台分のスペースを使ってコインパーキング9台に変更した。

before

月極20台(契約は10台)

25,000円×10台=250,000円

合計250,000円/月

after

月極10台+コインパーキング9台

25,000円×10台=250,000円

30,000円×9台=270,000円

合計520,000円/月

収入の結果

270,000円の収入アップ!

事例5:都心の好立地で月極からコインパーキングに変更

台東区にある100坪の土地。月極駐車場14台分をすべてコインパーキングに変更

before

月極14台

50,000円×14台=700,000円

合計700,000円/月

after

コインパーキング14台

80,000円×14台=1,120,000

合計1,120,000/月

収入の結果

420,000円の収入アップ!

駐車場経営にはコインパーキングがおすすめ

月極とコインパーキングの収入比較を見てわかるように、月極駐車場は満車の時はよいですが、空きが出るとその分の収入がゼロになるという致命的なデメリットがあります。
その点、コインパーキングは空きリスクが低く収益性が高いため、月極駐車場の一部または全部をコインパーキングに変更することで収入がアップします。
これから安定収入を目指した駐車場経営を考えるのであれば月極駐車場よりコインパーキングを選択すべきでしょう。
コインパーキングの収入は稼働率がポイントになりますのでパートナー会社とよく相談して立地条件など所有地がコインパーキングに適しているかどうか確認することをおすすめします。

注目!コインパーキング経営は パートナー選びが重要

注目!コインパーキング経営は パートナー選びが重要 注目!コインパーキング経営は パートナー選びが重要

コインパーキングを経営するためには、自分に合ったパートナー会社選びが重要です。
会社によって運営の方法やサポートの内容もさまざまですが、おもに次の4つの運営方法があります。

パートナー会社の正しい選び方

経営の方法でどう違う?駐車場経営の収入

コインパーキングには専門業者が土地を借り上げて運営管理まで引き受ける「一括借り上げ」とオーナーが自ら機械購入をして管理運営を行う「自主管理」という2つの経営形態があります。
一括借り上げの場合は駐車場の売上げに関わらず1ヶ月の賃料として固定収入があり管理コストは発生しません。自主管理は売上げがそのまま収入になりますが初期費用と管理コストがかかります。
したがって同じ立地条件のコインパーキングでも、どちらの経営形態を選ぶかによって収入の中身が変わります。>>

経営形態別の収入事例

コインパーキングの一括借り上げと自主管理の違い

コインパーキングの一括借り上げと自主管理の違いコインパーキングの一括借り上げと自主管理の違い

土地の条件にもよりますが、一括借り上げと自主管理という2つの経営形態には、それぞれにメリット、デメリットがあります。そして、パートナー会社にも、対応可能な形態や得意分野があります。

保守管理を委託するかなどの条件の違いでも、メリット、デメリットは変わってきますので、自分がどのような形式で経営をしていきたいのか、どこまで自分でできるのかを慎重に考えましょう。

下記の特徴をしっかりと押さえた上で、ご自身の駐車場経営に最適なパートナー会社選びをしてください。

条件1:一括借り上げ方式(土地を貸して賃料を受け取る)

地主は土地を貸して賃料を定額で受け、機械設備はすべて会社が準備する。

メリット

安定した収入が期待できる。

デメリット

稼働率が上がっても収入は増えない。

条件2:一括借り上げ(収益に応じた収入を受け取る)

土地を運用実績に応じたコミッション方式で貸し、機械設備はすべて会社が準備し運営する。

メリット

稼働率が上がれば、収入は増える。

デメリット

稼働率が上がらないと、収入は少なくなる。

条件3:機械購入(保守・管理は委託する)

地主が設備を購入し、駐車場の集金・管理・運営を会社に委託する。

メリット

駐車代がすべて自分の収入になる。

デメリット

設備の初期費用や月額管理費がかかる。

条件4:機械購入(すべて自分で行う)

地主が設備を購入し、自ら駐車場の集金・管理・運営も行う。機械メンテナンスだけを会社に委託する。

メリット

駐車代がすべて自分の収入になる。

デメリット

設備の初期費用やメンテナンス費用がかかる。さらに日々の運営業務をすべて自分で行わなくてはいけない。

規模や場所でどう違う?駐車場収入事例集

規模や場所でどう違う?駐車場収入事例集 規模や場所でどう違う?駐車場収入事例集

駐車場経営は場所や広さによって収入は変わってきます。当然、広ければ収容台数が多いので収入は上がる傾向にありますが、郊外など多くの利用者数が見込めない地域は稼働率が低くなるので収益率は低くなります。
逆に車2台分くらいの狭小地と言われる土地でも駅前にあって稼働率が高いと予想される場合は、高い収益率が期待できます。
さまざまな条件によりどの程度収入に違いが出るのか、実際の収入事例で確認してみてください。

駐車場経営の収入事例集

こんな土地は駐車場経営に向いてる?

こんな土地は駐車場経営に向いてる? こんな土地は駐車場経営に向いてる?

コインパーキングの経営を成功させるカギは何と言っても立地条件です。遊休地があると言ってもその土地がコインパーキングに向いていなければオープンしても意味はありません。
ではどういう場所が向いているかというと、当然ながら人通りや車通りが多いところです。商業施設や娯楽施設が多く集まる場所が典型的な好条件ですが、繁華街でも駐車施設を持たない店舗が密集しているような場合はニーズが高いと考えられます。
但し、机上のデータだけでは判断することが難しく、現場に行って確かめなければわからないこともあります。
条件は揃っていてもすでに周囲にコインパーキングが数多くあって飽和状態ということもありますので現地調査は必須でしょう。
駐車場の運営管理を行っている管理会社はそうした立地条件の調査・分析力がありますので、プロの目を信用して事前によく相談することをおすすめします。

バリエーション豊かな駐車場経営
駐車場経営成功のカギ!?
↓↓↓パートナー会社の比較はこちら↓↓↓
駐車場経営のパートナーを徹底比較
駐車場経営のパートナーを徹底比較

経営形態別駐車場経営の収入

ケース別駐車場経営の収入事例集

駐車場経営で安定収入を得るならこの会社

駐車場経営のパートナーを徹底比較

駐車場経営するには入門講座

駐車場経営よくある疑問集

番外編

駐車場と組み合わせる土地の活用方法

サイトマップ

Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved.