駐車場経営で安定収入!成功ガイド

安定収入も高効率投資も狙える、駐車場経営のはじめ方

駐車場経営で安定収入を得るためには

このサイトは、土地活用の手段として、駐車場経営で安定した収入を得るために不可欠な知識やパートナー会社に関する情報を紹介しています。これから駐車場経営を考えている方、現在、経営している月極駐車場の空きが多くてお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

月極駐車場とコインパーキング、どっちが有利?

駐車場経営の形態として、月単位で自動車1台ごとに契約する「月極駐車場」時間単位で貸す「コインパーキング」があります。また、これらを併用する形態も考えられます。

 駐車場経営で安定収入を得られる パートナー会社を比較

  • 月極駐車場は、1台ごとに契約金額が決まっており、契約金額以上の売上げがあがることはありません。1台が継続的に駐車することの多い住宅地に向いている形態ですが、 契約者が引っ越したりすると、その間、空きができて収入が得られないうという面もあります。
  • コインパーキングは、一時的な駐車の需要がある駅前や商業地に向いている形態です。時間単位ですので、条件が整えば稼動し続け、高収入につながります。

下記にメリット・デメリットをまとめてみました。

  メリット デメリット
月極駐車場 ・機械を導入する必要ない。
・先払いなので料金トラブルがない。
・収入が低い。
・空きが出来た期間は収入がなくなり、不安定。
コインパーキング 収入が比較的安定している。
利用者数が多ければ多いほど高収入になる。
・機械を導入する必要がある。
・支払わずに逃げるなど料金トラブルがおこる可能性も。

1台分スペース当たりの収入をシミュレーションしてみると…

月極駐車場 1ヵ月2万円で貸す場合                      2万円/1ヵ月
コインパーキング 1時間100円、1日12時間稼動した場合           3万6千円/1ヵ月
(100円×12時間×30日)

上記のシミュレーションから、「1ヶ月の賃料2万円の月極駐車場」と「1日12時間稼動で、1時間100円のコインパーキング」では、投資効率からみると、コインパーキングが優れていると言えるでしょう。

その土地の環境や条件にもよりますが、月極駐車場の空きの一部をコインパーキングにして稼動させる方法も有効です。

 

コインパーキング経営はパートナー会社選びが重要

コインパーキングを経営するためには、自分に合ったパートナー会社選びが重要です。
会社によって運営の方法やサポートの内容もさまざまですが、おもに次の4つの運営方法があります。

1 地主は土地を貸して賃料を定額で受け、機械設備はすべて会社が準備する。 メリット 安定した収入が期待できる。
デメリット 稼働率が上がっても収入は増えない。
2 土地を運用実績に応じたコミッション方式で貸し、機械設備はすべて会社が準備し運営する。 メリット 稼働率が上がれば、収入は増える。
デメリット 稼働率が上がらないと、収入は少なくなる。
3
地主が設備を購入し、駐車場の集金・管理・運営を会社に委託
する。
メリット 駐車代がすべて自分の収入になる。
デメリット 設備の初期費用や月額管理費がかかる。
4 地主が設備を購入し、自ら駐車場の集金・管理・運営も行う。
機械メンテナンスだけを会社に委託する。
メリット 駐車代がすべて自分の収入になる。
デメリット 設備の初期費用や月額管理費がかかる。さらに日々の運営業務をすべて自分で行わなくてはいけない。

土地の条件にもよりますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。上記の特徴をしっかりとおさえたうえで、ご自身の駐車場経営に最適なパートナー会社選びをしてください。

安定収入の駐車場経営に必須! パートナー会社を比較しました>>